会社概要

  • 待機時間=クランプ時間 /Wait Time=Coupling time

    待ち時間。
    自動テストの時に設定する、リークテストに移るまでの時間。
    通常クランプする時間を入力。
  • 単位 /Unity

    数量を測る基準の単位。
  • 直圧式テスト /Desensitized Test

    圧力センサのみ使用。
    大リークを計測する時に使用されるテスト方式。
    (100Pa単位の大まかなリークテスト)
  • 通気テスト /Blockage Test=Crossing Test

    穴が開いている事を調べる通気テスト。
    最大と最小圧力間で良品判定する。
    加圧時間のみでのテスト。
  • ディスプレイライト維持 /Continuous

    画面のライト調節条件のひとつ。
    画面のバックライトをずっとつけたままにします。
  • ディスプレイライト手動 /Manual

    画面のライト調節条件のひとつ。
    画面は20分たつと自動的に消えます。
  • ディスプレイライト自動 /Automatic

    画面のライト調節条件のひとつ。
    画面手動と同じですが、何らかのアクションがあると再び画面がつきます。
  • ディスプレイの明るさ /Intensity

    画面のライト調節条件のひとつ。
    ライトの明るさを設定します。
  • テスト時間 /Test Time

    漏れ量を検出する時間。
  • テストプログラムのコピー /Copy

    あるパラメータを他のプログラムにコピーするときの機能。
    同じようなパラメータを作成するときに便利。
  • テストプログラムの貼り付け /Paste

    テスターのプログラムの貼り付け機能。
  • 電空レギュレータ /Electronic Regulator

    テスト圧力の自動調整器。
    アテックテスターは2個まで搭載可能(オプション)。
  • 電源 /Power Supply

    アテックリークテスターは世界中のどこでも使用できるオールラウンドの電源を搭載。
    100~240VAC
  • 電源オフ時間 /Power Off Time

    運転待機機能のひとつ。
    自動的に電源オフになる時間を設定
  • 電源オン時間 /Power On Time

    運転待機機能のひとつ。
    自動的に電源オンになる時間を設定
  • 統計結果 /Statistics

    テスト結果の良品数、不良品数、アラーム数を表示。
  • トランジット /Transit

    最新の補正値。
  • ドリフト公差 /Tolerance

    補正の限界範囲を設定。
  • トレーサーガステスト方法 /Tracer Gas Test

    トレーサーガスを使用したテスト方法。
    エア式で見れない、より小さなリークを検知する時に使用される。
  • トレーサビリティ /Traceability

    計測値が国際・国家標準規格の原機からトレースができている。
  • トレーサビリティ体系図 /Traceability Table

    国際・国家標準規格の原機からたどった体系図。
お問い合せはコチラ