会社概要

  • アールエスパラメータ/ RS Parameters

    エアリークテスターは、工業製品、部品の品質検査に用いる気密検査装置です。 テストパーツ内部に空圧をかけ、圧力変化や、空気の流れをセンサーで検出します。 水没テストや目視に代わる、比較的新しい方法です。
  • 圧力/ Pressure(PRESS)

    空気の圧力。
  • 圧力エラー/ Press Error=Pressure Fault

    圧力の異常。
  • 圧力設定エラー/ Alarm. Pressure Out

    設定圧力の最大、最小値を超えています。
  • 圧力限界値の自動計算/ Automatic Calculation Of Limits

    レギュレータに設定する最大圧力、最小圧力を自動的に計算する機能。
  • 圧力単位/ Pressure Unit

    圧力の設定単位
    (アテックのテスターは bar mbar psi Pa kPa Mpa から選択可能です)
  • 圧力不完全/ Pressure Defective (Press.Def)

    圧力が不完全であった回数を表示。
  • アラーム/ Alarm=Warning

    警告。
    テスターが何らかの異常を感知しています
  • 安定(平衡)時間/ Stab Time

    テスト圧力レベルに達した後、圧力がワークとマスタ間で全く同じになるまでの安定時間。
  • 印刷日時と時間/ Time keeping

    印刷時のレイアウト条件のひとつ。
    テスト結果を印刷する時の印刷日時と時間を設定。
  • エアリークテスター/ Air Leak Tester

    空気を利用し、部品の漏れを検査するテスター。
  • エーティーアール/ ATR

    自動補正(オートドリフト補正)
    。良品のサンプルデータから補正量を決定する学習方法。
    この機能でトータルのテスト時間を短縮することが可能です。
  • エーティーアール0/ ATR 0

    自動補正機能。
    20個の良品の漏れ平均値を初期値として入力します。
  • エーティーアール1/ ATR 1

    自動補整機能1。
    良品1個のサンプルで学習サイクルを行い、補正値を決定します。
  • エーティーアール2/ ATR 2

    自動補整機能2。
    良品、不良品問わない1個のサンプルで学習サイクルを行い、補正値を決定します。
  • エーティーアールエラー/ ATR Error

    ATRのエラー。
    学習サイクルを再実行するか、ATRの初期値を手動で設定し直して下さい。
  • エーティーアールサイクル/ ATR Cycle

    ATRを実行するサイクルプログラム。
  • エーティーアール初期値/ ATR Default

    自動補正の初期値。
  • エーティーアールドリフト/ ATR Drift

    補正範囲の設定。
  • エーティーアールの学習/ ATR Learning

    補正量の学習サイクル。
    補正量が不明の時に、この機能でサンプルデータから補正量を求めます。
    ATR1、ATR2では学習サイクルが必要です。
  • エキスポート/ Export

    テスト結果をマイクロソフトExcelで処理できる形で作成、送信。
  • オートセーブ/ Auto Save

    テストパラメータをラムメモリー(第一メモリー)から自動的にフラッシュメモリー(第二メモリー)に保存する機能。
  • オートゼロ/ Auto Zero

    ピエゾセンサのゼロへの強制リセットのこと。これを定期的に行わないとテスト圧力は大気圧の変動によりぶれる可能性があります。
  • オペレーター/ Operator

    リークテストをする現場作業者。
お問い合せはコチラ